奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド税金固定資産税家屋の評価のしくみ
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
前のページへ 
2012年12月27日 更新
印刷用ページを開く
家屋の評価のしくみ
固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。
新築家屋の評価
評価額 = A 再建築価格 × B 経年減点補正率
A 再建築価格
評価の対象となった家屋と全く同一のものを評価の時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費です。
B 経年減点補正率
家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗の割合。
新築家屋以外の家屋(在来分家屋)の評価
評価額は、新築家屋の評価と同様に求めることとなりますが、その額が評価替え前の評価額を超えることとなる場合は、通常、据え置かれます。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
住民生活課 税制係
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
Tel: 0745-94-2102  内線 231〜236  Fax: 0745-94-2066  E-Mail: こちらから