奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド税金固定資産税新築家屋の税額がきまるまで
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
前のページへ 
2012年12月27日 更新
印刷用ページを開く
新築家屋の税額がきまるまで
新築家屋の調査
完成した家屋の主体構造および各部分(屋根、基礎、内外壁、柱、床、建具、造作および設備機器など)の仕上げ材料などを調査します。
再建築価格の算出
調査した家屋について、国(総務省)の固定資産評価基準を基に再建築価格を計算します。再建築価格とは、調査した家屋と全く同一の家屋を新築した場合に必要とされる建築費のことです。
評価額の算出
再建築価格に、賦課期日(1月1日)までの経過年数(新築家屋は一律1年分)に応じた減価を行い、評価額を算出します。
税額の算出
原則として、評価額=課税標準額となりますので、課税標準額に税率を乗じて計算します。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
住民生活課 税制係
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
Tel: 0745-94-2102  内線 231〜236  Fax: 0745-94-2066  E-Mail: こちらから