奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド保険・年金長寿医療制度(後期高齢者医療制度)について保険料について
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
前のページへ 
2010年6月21日 更新
印刷用ページを開く
保険料について
保険料賦課の基本的枠組み
・保険料の算定・賦課は広域連合が行い、徴収は市町村が行います。
・保険料は、被保険者個人単位で算定・賦課されます。
・これまで職場の健康保険などの被扶養者で保険料を納付していなかった方にも保険料が賦課されます。(平成26年度以降もこれまでと同様に保険料の軽減措置を継続します。)
戻る
保険料率の設定
保険料は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額になります。
平成26年度及び27年度の2か年における保険料率については以下のとおりです。 
均等割額 所得割率
44,700円 8.57%
※ 曽爾村は制度施行後6年間(平成25年度まで)に限り県内均一保険料率よりも低い保険料率でしたが、平成26年度からは県内均一保険料率となります。
※ 均等割額と所得割率は2年ごとに見直されます。
 保険料の賦課限度額は57万円です。
 
 
均等割額
 
 
所得割額
基礎控除(33万円後)の
総所得金額等
× 所得割率
 
 
一人あたり
保険料
(100円未満切り捨て)
 
被保険者の所得は、総所得金額等から基礎控除額(33万円)を控除した額となります。例えば、年金収入の場合、年金の収入額から公的年金等控除額を控除し、さらに33万円を控除した額となります。
戻る
保険料の軽減措置について
所得に応じた保険料の減額について
 これまでと同様に保険料の軽減措置を継続します。
  1. 均等割額の軽減
    @ 所得の少ない世帯に属する被保険者については、均等割額を軽減します。
    A 軽減割合は、同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得金額等をもとに、次の基準により判定します。 
    世帯所得の合計 均等割額軽減割合
    33万円以下 9割
    被保険者全員の年収が
    80万円以下の世帯
    (その他各所得がない場合)
    8.5割 (上記以外)
    33万円+(24万5千円×世帯の被保険者の数)以下
    5割
    33万円+(45万円×世帯の被保険者の数)以下 2割

    国保と同様、年金収入につき公的年金等控除を受けた方について、特別控除(15万円)を適用します。
    世帯主が被保険者でない場合でも、世帯主の所得は軽減判定の対象となります。   
    上記の軽減措置を受けるには、税法上の申告義務がない方(障害年金、遺族年金等受給者や被扶養者及び所得のない方)であっても、各市町村窓口で所得の申告をする必要があります。所得の確認ができている方は申告の必要はありません。   
     
     
  2. 所得割額の減額
    所得割額を負担する方のうち、所得の少ない方は、所得割額が5割軽減されます。
    被保険者の所得 所得割軽減割合
    基礎控除後の総所得金額等が58万円以下
    (年金収入のみの場合、153万円超211万円以下)
    5割
     
戻る
職場の健康保険などの被扶養者であった方に対する軽減措置
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の資格を得た日の前日に、職場の健康保険などの被扶養者であった方で保険料負担がなかった方も保険料を納めることになりますが、負担軽減のため次のような軽減措置があります。(曽爾村国民健康保険や国民健康保険組合の被扶養者であった方は該当しません。)
1.制度加入時から2年間、所得割は課されず、被保険者均等割額が5割軽減されます。
2.平成20年度から平成27年度までに限っては、次のとおり軽減されます。
所得割率 均等割額
負担なし 9割軽減
戻る
保険料の減免制度について
次のような特別な事情により保険料の納付が困難な場合には、申請により保険料の減免を受け取られる場合があります。
  1. 震災、風水害、火災などの災害により財産について著しい損害を受けた場合。
  2. 世帯の生計を主として維持する方が、死亡・事業又は業務の休廃止・失業したことなどの事情により、収入が著しく減少した場合。
  3. 刑事施設などへ拘禁され、給付の制限が行われている場合など。
    詳しくは住民生活課へお問い合せください。
戻る
保険料の納付
  • 保険料の納付について
    保険料は、原則として年金から天引きされます(特別徴収)。
    ただし、年金額が年額18万円未満の方や介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が年金受給額の2分の1を超える方は、納付書や口座振替等により個別に納めます(普通徴収)。
    特別徴収(年金からの天引き)から普通徴収(口座振替)に切り替える事ができます。
    変更を希望される方は、市町村の担当窓口へ申請してください。
    ○ これまで通り、年金からの天引きで納付して頂く方については、申請の必要がありません。
    ○ お支払頂く保険料の総額はかわりません。
    ○口座振替では確実に納付が見込めない方については、変更が認められない場合があります。
    世帯主等の口座振替に変更した場合、その方の社会保険控除料が増え、世帯として所得税・住民税が減額となる場合があります。
    保険料を滞納すると
    特別な事情もなく滞納が続くと、通常の保険証よりも有効期限が短い「短期被保険者証」を交付する場合があります。さらに、滞納が続いた場合には、保険証を返還してもらい、「被保険者資格証明書」を交付する場合があります。保険料は納期内にきちんと納めるようにしましょう。
 
戻る
保険料の計算例
保険料額については、100円未満切り捨てとなります。
戻る
高齢者一人世帯の場合
本人 76歳  基礎年金 79万円
均等割額 4,400円
本人
79万円 120万円 15万円 0円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
年金収入80万円以下
9割軽減適用
所得割額 0円
 本人
79万円 120万円 33万円 0円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除)
年間保険料額
4,400円
 
高齢者一人世帯の場合
本人 76歳  厚生年金 208万円
均等割額 35,700円
本人
208万円 120万円 15万円 73万円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
73万円≧57万5千円(5割軽減基準)
2割軽減適用
所得割額 23,500円
 本人
208万円 120万円 33万円 55万円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除)
55万円≦58万円(軽減基準)
5割軽減適用
55万円×8.57%×0.5=23,500円
年間保険料額
59,200円
 
 
子(世帯主)と同居の場合
本人      76歳  基礎年金 79万円
子(世帯主) 40歳  営業所得 390万円
均等割額
44,700円
本人
79万円 120万円 15万円 0円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
390万円
世帯
0円+390万円=390万円(軽減判定所得)
390万円≧78万円(2割軽減基準)
軽減なし
所得割額
 
0円
 本人
79万円 120万円 33万円 0円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除)
年間保険料額
44,700円
 
高齢者二人世帯の場合
夫 80歳  基礎年金 79万円
妻 76歳  基礎年金 79万円
均等割額
 4,400円
妻 4,400円
79万円 120万円 15万円 0円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
79万円 120万円 15万円 0円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
 
年金収入80万円以下
9割軽減適用
所得割額   0円
 0円
 
79万円 120万円 33万円 0円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除)
 
79万円 120万円 33万円 0円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除)
年間保険料額   4,400円
 4,400円
 
 
高齢者二人世帯の場合
夫 80歳  厚生年金 208万円
妻 79歳  基礎年金 79万円
均等割額
 
 22,300円
妻 22,300円
208万円 120万円 15万円 73万円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
79万円 120万円 15万円 0円
(年金収入) (年金控除) (特別控除) (軽減判定所得)
世帯
73円+0万円=73万円(軽減判定所得)
(高齢者二人の場合の軽減基準)
33万円+24万5千円×2人=82万円(5割軽減基準)
 
 
73万円≦82万円
5割軽減適用
所得割額
 23,500円
 0円
208万円 120万円 33万円 55万円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除)
55万円≦58万円(軽減基準)
5割軽減適用
55万円×8.57%×0.5=23,500円
      
79万円 120万円 33万円 0円
(年金収入) (年金控除) (基礎控除) (軽減判定所得)
年間保険料額
  45,800円
 22,300円
 
 
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
住民生活課
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
Tel: 0745-94-2102  内線 231〜236  Fax: 0745-94-2066  E-Mail: こちらから