奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド農林業鳥獣害
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
 
2010年2月4日 更新
印刷用ページを開く
鳥獣害
鳥獣害防止柵設置モデル地区を選定し、現在進行中です。3月末までに完成をめざしておりますのでもうしばらくお待ち下さい。
鳥獣害防止情報
シカ等の野生動物は、稲を刈り取った後に生えてくるヒコバエを好んで食べます。野生動物を圃場に寄せ付けない為にも、刈り取り後の耕起を行いヒコバエを生やさないようにしましょう。

 この他にも採り残しの作物が残っていると恰好の餌場になりますのでご注意願います。
自然条件下では、シカ等の野生動物は、餌の少ない冬場に頭数が減少します。しかし集落にある餌を食べることで栄養状態が良くなり、それが頭数の維持や出産率の向上等につながります。従って秋から冬にシカの餌となる植物を残さないことが頭数を減少させるには重要です。

 稲刈り後に生えてくるヒコバエや取り残しの作物は、シカの恰好の餌になりますので、収穫後、速やかに耕起を行いヒコバエ等を生やさないようにしましょう。

ご家庭では、被害の防御として、ネット等の設置により鳥獣害の対応を行っておられますが、網目の粗いものが多くネットに絡む事例が多くみられます。鹿等がネットにかかりにくい網目の細かい物にしましょう。
鹿等がネット等に絡んだ場合は、曽爾村役場 地域建設課にお電話下さい。電話 0745−94−2101
PDFファイルはこちら
(keikakusyo.pdf: 206k)
曽爾村鳥獣被害防止計画を公表します。
本文終わり
ページのトップへ
地域建設課
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
Tel: 0745-94-2105  内線 261〜265  Fax: 0745-96-2053  E-Mail: こちらから