奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ行政情報募集・公売曽爾村地域おこし協力隊員を4名募集します。【3月14日応募締切】
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
 
2018年2月2日 更新
印刷用ページを開く
曽爾村地域おこし協力隊員を4名募集します。【3月14日応募締切】
曽爾村は、地域の活性化を推進するため、地域おこし活動に積極的に取り組んでいただける「地域おこし協力隊」を現在活動中の14名に加え、新たに4名募集します。
奥大和の高原の村で紡ぐ新たな暮らし

高原トマト農家の後継者や農林業公社幹部候補として

曽爾村地域おこし協力隊を募集します

大自然の中でチャレンジしてみませんか




 曽爾(そに)村では、地域の活性化を推進するため、地域おこし活動に積極的に取り組んでいただける「地域おこし協力隊」を現在活動中の4名に加え、新たに4名を募集いたします。

 歴史ある奈良・曽爾(そに)村では、森林や水、農業や食の力で、住んでいる人、来られた人、そして都会の人をキレイにさせる「HealthyBridge(健康の架け橋)プロジェクト」を推進しています。

 あふれる森林によって浄化された空気を、思い切り吸い込む。豊富な山水や、山間部ならではの寒暖の差を生かして育てられた、滋養に満ちた野菜や米を、作り手の農家と語らいながら食す。村人が大切に語り継いできた民話に耳をかたむけ、獅子舞を無我夢中で踊る。そして、自然からの贈り物である温泉で体を芯からあたためる――。

 満員電車に揺られることもなく、曽爾村でひたすら紡がれる上質の暮らしは、人の心を、体をキレイ(健康)にする力があると曽爾村は考えます。過疎高齢化で村の人口は今年1500人を割り込みました。風前の灯火である農林業を守りつなぎながら、村に宿る豊かな価値を発信し、日本中の人と共有していきたいと考えます。「HealthyBridge」には、日本人が心身ともに健康に生きるための架け橋になりたいという願いを込めました。ゆくゆくは、農林複合経営、薬草栽培、森林セラピー、そして農薬に依存しない農業など、便利さに頼らない、本来的で持続可能な暮らし方や働き方を提案していきます。

 今回、こうした村づくりに一緒に取り組んでくれる「曽爾村地域おこし協力隊」として、活動していただける方を4名募集します。都会で閉じきった五感を取り戻し、この自然あふれる曽爾村で働きませんか。そのために、村の専業農家や林業家、地域の住民や役場の担当者がしっかりサポートさせていただきます。また、先に活動を開始している4名の地域おこし協力隊や10名を超える地域おこし協力隊OBも、新しい仲間を迎えることを楽しみにしています。未経験者、男性女性、ご家族のおられる方、どなたでも大歓迎です。曽爾村で積極的に取り組んでいただける皆様のご応募をお待ちしております。


 【募集内容】

高原トマト農家後継者(2名)

 曽爾村の特産野菜であるトマトの農業後継者の育成が急務です。農業大学校で6週間研修後、プロ農家と村が全面的にあなたの活動を支援します。同プログラムを卒業し、今年4月に新規就農する地域おこし協力隊OBも2名おり、共に曽爾村産トマトの未来を築いていきましょう。地域に溶け込みながら、就農を目指すとともに、ブランド化につながるアイデアも出してもらいます。農業未経験OKです。夫婦大歓迎。


農林業公社スタッフ(2名)

 曽爾村では、地方創生戦略のひとつとして一般社団法人曽爾村農林業公社を平成28年度よりスタートさせています。増加する耕作放棄地の解消や農林業後継者の育成、新特産品の開発・販売などを公社が担います。米や野菜のブランド化、大和当帰やホップなどの薬草事業、また森林資源を活用した事業など様々な取組の主軸となって運営、企画などを地域おこし協力隊OBの農林業公社職員や村の担当と一緒に行うのが主な活動です。経営手法に長けた方を歓迎いたします。


【募集対象】

@ 概ね20歳以上45歳以下の方(平成31年4月1日現在)
A 性別・学歴は不問
B 心身ともに健康で前向きに挑戦する意欲のある方
C 過疎・山村・離島・半島地域以外の3大都市圏をはじめとする都市地域(過疎地域等条件不利地域を除く)に生活の拠点がある方で、曽爾村に住民票を移動できる方
D 基本的に3年間は継続して活動することができる方
E 地域の活性化に意欲があり、地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことができる方
F 普通運転免許(AT限定可)を所持し、実際に運転ができる方
G 一般的なパソコンの操作ができる方
H 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方


【応募手続き】

(1)応募受付期限
   平成31年3月14日(木)必着
   郵送又は持参で受け付けます。なお、提出された書類は返却しません。
(2)提出書類
   ・応募用紙(曽爾村HPからダウンロード)
   ・企画書(曽爾村HPからダウンロード、パソコン印字可、資料の別添可)
    「曽爾村で実現したいこと」を企画書にまとめて提出してください。
     ※顔写真(データ写真可)は企画書に貼付してください。

【選考方法】

(1)第1次選考【書類選考】
   書類選考の上、平成31年3月15日以降に結果を応募者全員に通知します。
(2)第2次選考【プレゼンテーション・面接】
   第1次選考合格者を対象に、平成31年3月23日(土)に曽爾村役場において第2次選考(企画書をもとにしたプレゼンテーションなど)を行います。詳細については、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。なお、2次選考の結果は、3月25日(月)以降に発送します。(合格者のみ先に電話にて通知します。)
   ※書類申請費用、交通費等の応募に係る経費は個人負担とします。
   ※プレゼンテーションの際、パワーポイント、プロジェクターは村で準備します。



現地説明会を開催します。

日 時:平成31年3月10日(日)13時から

会 場:曽爾村役場、村内各所

地域おこし協力隊について、活動分野についての説明を行います。
ご希望の方は、曽爾村役場企画課までご応募下さい。

*説明会以外にも、随時村内の見学を受け付けています。



現在活動中の14名の活動の様子はこちら
曽爾村地域おこし協力隊FB
そにっき(地域おこし協力隊ブログ)



曽爾村についてもっと知りたい方はこちら
曽爾村公式FB
曽爾村農林業公社HP そにのわ
曽爾村農林業公社FB
曽爾村観光協会HP



応募についてはこちら
PDFファイルはこちら
(boshuyoko2019.pdf: 991k)
地域おこし協力隊募集
(oboyoshi.pdf: 91k)
(kikakusho.pdf: 72k)
ダウンロードファイルはこちら
(oboyoshi.doc: 51k)
曽爾村地域おこし協力隊応募用
(kikakusho.doc: 33k)
曽爾村地域おこし協力隊応募用
本文終わり
ページのトップへ
企画課
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495−1
Tel: 0745-94-2101  Fax: 0745-94-2066  E-Mail: こちらから