奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド戸籍・住民登録旧姓(旧氏)併記について
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
 
2020年1月6日 更新
印刷用ページを開く
旧姓(旧氏)併記について
申請により、住民票やマイナンバーカード等に旧姓を記載することができます。
●旧姓(旧氏)を記載することができます。

旧姓(旧氏)とは、過去の戸籍上の氏で、戸籍または除かれた戸籍に記載されているものです。
婚姻等で氏が変わった場合、氏名とともに旧姓が記載されると、契約などの様々な場面での証明になり、就職や職場で身分証明書として利用することができます。なお記載できる旧姓は一人ひとつです。

 〈旧姓が記載されるもの〉
   住民票、マイナンバーカード、通知カード、住民票記載事項証明書、転出証明書、個人番号カード内に格納された署名用電子証明書、
        印鑑登録証明書など
   ※住民票に旧姓を記載している間は、〈旧姓が記載されるもの〉すべてに記載され、省略することはできません。


 印鑑登録において、旧姓の印鑑を登録することができます。

●手続きについて
旧姓を記載するには、役場 住民生活課へ届出が必要です。

持ち物  ・載せたい旧姓が載っている戸籍から現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍
     ・マイナンバーまたは通知カード
     ・免許証やパスポートなど本人確認できる書類(マイナンバーカードをお持ちの場合は不要です)
●記載することができる旧姓
@ 旧姓を初めて記載する場合は、過去に称していた氏から任意の旧姓を記載することができます。
   旧姓併記は、他市町村に転入しても引き続き使用できます。
A 再婚等により氏が変更した場合、直前に称していた旧姓に変更するか、記載している旧姓をそのまま記載するか、選ぶことが可能です。
B 旧姓の削除をする事は可能ですが、再度旧姓をのせたい場合は、削除後に氏が変更した場合に限り、削除後の旧姓を記載することがで
      きます。
PDFファイルはこちら
(kyuuuji_seikyuusyo.pdf: 140k)
(kyuuuji_kisairei.pdf: 146k)
本文終わり
ページのトップへ
住民生活課
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
Tel: 0745-94-2102  内線 231〜236  Fax: 0745-94-2066  E-Mail: こちらから