奈良県曽爾村
サイトマップ トップページへ
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド戸籍・住民登録個人番号(マイナンバー)について電子証明書の有効期限について
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
前のページへ 
2020年7月8日 更新
印刷用ページを開く
電子証明書の有効期限について
●電子証明書とは
 公的個人認証サービスは、インターネットを通じて安心・確実な行政手続やインターネットサイトのログインを行う際に、他人によるなりすまし申請やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認手段です。
 電子証明書を使って、公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続きを行う事ができます。

 マイナンバーカードには、以下の2つの電子証明書を搭載することが可能です。

♦署名用電子証明書
 インターネット等で電子申請文書を作成、送信する際に利用します。(例:確定申をe-tax等の電子申請で行うとき)
 「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものである事」を証明できます。

 ※電子的な実印に相当するものなので、成年後見人の方、15歳未満の方のマイナンバーカードには、署名用電子証明書を搭載することはできませんので、ご注意ください。


♦利用者証明用電子証明書
 インターネットサイトにログインする際に利用します。(例:マイナポータルへのログイン)
 「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。
●電子証明書の有効期間
 発行から5回目の誕生日 または マイナンバーカードの有効期限のどちらか早い方

 ※署名用電子証明書は、有効期限内であっても、氏名・住所・性別・生年月日の変更があった場合、失効しますのでご注意ください。
●電子証明書の更新手続き
 有効期限を迎える方には、地方公共団体情報システム機構より「有効期間のお知らせ」が送付されます。お知らせ内容を確認して、期限内に手続きを行ってください。手続きは、住民票のある市区町村役場で行ってください。
 
 〈更新手続きが出来る期間〉
   電子証明書の有効期限の3か月前の翌日からその期限まで


 〈持ち物〉

   *本人が手続きをする場合
     ・マイナンバーカード
     ・「有効期限のお知らせ」
     ・マイアンバーカードの暗証番号
       ※利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)と署名用電子証明書の暗証番号(6〜16桁の英数字)、
        住基情報用の暗証番号(数字4桁)が必要です。事前にご確認の上、窓口にお越しください。
       ※暗証番号が不明の場合やロックがかかっている場合は、暗証番号の再設定が必要となります。

   *任意代理人が手続きをする場合  
     ・更新対象者のマイナンバーカード
     ・照会書兼件回答書(「有効期限のお知らせ」に同封されています)
       更新対象者が、回答書・委任状欄に必要事項を記入・押印し、封筒などに入れて暗証番号が見えない状態でお持ちください。
       暗証番号の照合ができない場合は、当日処理できませんのでご注意ください。
     ・代理人の本に確認書類
       運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等、顔写真付きのものは1点
       保険証、年金手帳、医療受給者証等、顔写真のないものは2点       
       お持ちください。
      
   *成年後見人が手続きをする場合 
     ・更新対象者のマイナンバーカード
     ・「有効期限のお知らせ」
     ・成年後見人の本人確認書類
       運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等、顔写真付きのものは1点
       保険証、年金手帳、医療受給者証等、顔写真のないものは2点 
       お持ちください。    
     ・登記事項証明書
     ・マイアンバーカードの暗証番号
       ※利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)と署名用電子証明書の暗証番号(6〜16桁の英数字)、
        住基情報用の暗証番号(数字4桁)が必要です。事前にご確認の上、窓口にお越しください。
       ※暗証番号が不明の場合やロックがかかっている場合は、暗証番号の再設定が必要となります。

      
    
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
住民生活課
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
Tel: 0745-94-2102  内線 231〜236  Fax: 0745-94-2066  E-Mail: こちらから