サイトの現在位置
2011年7月15日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
【募集】若者定住促進住宅用地を無償で分譲します!!
曽爾村では、平成21年度よりUIJターン者奨励金制度、若者定住促進住宅整備等の定住促進施策を開始しています。今回は若者定住促進住宅用地を無償で分譲することとなりました。自然豊かで空気がおいしい曽爾村で新たな生活をスタートさせてみませんか。この分譲宅地を希望の方は下記の要件をご覧いただきお申し込み下さい。

1.対象物件概要

所在地 区画 面積㎡(坪) 単価円/㎡(円/坪) 分譲価格 円
310.61(94.12) 0(0) 0
307.83(93.28) 0(0) 0
306.28(92.81) 0(0) 0
交通
奈良交通バス及び三重交通バス
[山粕東口」バス停より約200m
用途地域 無指定
近隣施設
保育所(約2.8km)  小学校(約2.9km)  中学校(約4.1km)
山粕郵便局(約0.9km)  商店(約1.3km)  開業医(約1.2km)
診療所(約7.3km)  銀行(約2.3km)  曽爾郵便局(約6.5km)
ガソリンスタンド(約1.8km)  
設備
ガス・・・・・各戸LPガス
上水道・・・簡易水道
道路・・・・・幅員5mアスファルト舗装
 

2.募集期間

随時受付中

3.分譲対象者(下記の要件に全て該当)

本村に5年以上定住意志のある20歳以上45歳以下の方で、就業のために1年以上村外に住所を移していた方が就業のため再び本村に住所を定める村内出身者、また新たに本村に住所を定める村外出身者の方
自らが居住する住宅を建てられる方で、住宅完成後速やかに定住できる方
対象者及び同居する親族が就業されているか、または6ヶ月以内に就業することが確実な方
1世帯2人以上居住する方(同居する親族)
本村または前居住地において市町村税等の滞納のない方
自治組織に加入し、地域活動に積極的に参加できる方
対象者及び同居する親族が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でない方
成年被後見人または被保佐人でない方
破産手続開始の決定を受け、復権しない方
 

4.分譲条件(下記の要件に全て該当)

契約締結日の日から2年以内に住宅を建築すること。
分譲した宅地は、譲渡、転売及び貸与はできません(分譲後10年間)。
2つ以上の居室、台所、便所及び浴室を有する木造で2階建以下の住宅であること。
合併処理浄化槽を設置すること。
住宅等の建物は、区画境界から1メートル以上離すこと。
住宅の外観は、近隣の景観を損なわないこと。
所有権移転後は、簡易水道の加入手続をすること。

5.申込み方法

申込み方法等 曽爾村若者定住促進住宅用地分譲申込書(第1号様式)に添付書類を添えて提出して下さい。
添付書類
・住民票謄本(世帯主、続柄を記載したもの)
・所得証明書
・納税証明書
申込みは1区画限りとし、重複申込みを行った場合は全て無効とします。
他人の名義を借用し、申込みをした場合は失格とします。
受付場所及び受付時間 受付場所:曽爾村役場企画課内
受付時間:午前9時~午後5時(ただし、土・日・祝日は受付しません)
 

6.分譲者の決定

審査会において書類等の審査により決定します。
分譲する用地数以上に申込者があった場合は、抽選となり結果にしたがっていただきます。

7.契約の締結

分譲決定の日から1ヶ月以内に契約締結

8.所有権移転登記等

所有権移転登記は村がします。
登記及び契約に必要な費用は購入者負担となります。

9.その他の費用負担

住宅の建築時に簡易水道加入負担金
山粕地区自治会費

10.住宅新築奨励金等について

種類 項目 金額
住宅新築奨励金
若者定住促進住宅用地に住宅を新築した場合
 
義務教育(村内施設で就学)修了前の世帯員1人につき1年あたり
 
若者定住促進住宅用地に住宅を新築する者で、村内の木造建築物請負業者により自己の居住する木造建築を新築した場合については、居住用床面積1坪(1坪未満は切捨て)当たり
500,000円
 
20,000円
 
 
10,000円
上限 500,000円
 

11.お問い合わせ先

〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
曽爾村役場企画課 定住促進係
TEL 0745-94-2101
FAX 0745-94-2066

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
企画課
住所:633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
TEL:0745-94-2116
FAX:0745-94-2066