重要なお知らせ
本文
サイトの現在位置
2021年3月15日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
ふるさと納税使い道
 

令和4年度ふるさと納税(寄附金)の内訳

・・・・・ふるさと元気推進基金で令和4年度に取り組んだ事業・・・・・・

使い道 その1 住民福祉の向上(総務課)
○消防団救助能力向上資機材緊急整備事業…871,200円
 消防活動において水害時に迅速に対応し、復旧作業を行っていくための排水ポンプ3基を購入しま
した。

使い道 その2 住民福祉の向上(総務課)
○感震ブレーカー設置推進事業…15,000円
 大地震が発生した際に、感震ブレーカーを設置することで自動的にブレーカーを落とすことにより、
火災発生を抑制します。感震ブレーカーを設置した場合、設置者に対して2/3(上限40,000円)の
補助金を交付します。
令和4年度実績…1件

使い道 その3 若者定住の促進(企画課)
○起業等人材育成支援補助金…1,000,000円
 曽爾村内においての起業の創出と定住促進を図るため、起業者に対し事業に要する経費の一部を支援
しています。令和4年度は1社が新たに起業しました。

使い道 その4 自然環境・景観の保護(企画課)
○曽爾高原管理委託料…2,731,147円
 秋のシーズンには約40万人が訪れるススキの名所曽爾高原ですが、近年ススキの育成不良が注視され、
一面に金色の穂が広がる名物の景色が危機に瀕しています。原因は、異常気象・観光客の踏み入れ・獣害
等様々な要因が考えられます。
 このことから、ススキの植栽や観光客の立入制限、山焼きなどの保全活動の強化など、一面に広がるス
スキの草原復活のための対策事業の財源として活用させていただきました。
 曽爾高原保全事業として、ススキの植え替え作業(1,000㎡)や肥料散布(3ha)の実施をしました。
さらに、令和5年1月20日、21日に国立曽爾青少年自然の家と共同で「曽爾高原のススキワークショッ
プ」を開催し、曽爾村での茅葺きの需要について茅葺き職人とともに茅葺きの工作物を制作しました。約
45名の方に参加していただき、関係人口の創出・拡大を図りました。

 上記事業に対し、合計4,617,347円を使用させて頂きました。

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
住民生活課 税制係
説明:・ 村税及び国民健康保険税の賦課徴収・ 税外収入。・ 土地台帳及び家屋台帳・ 固定資産評価審査委員会・ 納税組合
住所:633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
TEL:0745-94-2102
FAX:0745-94-2066
内線:231~236

トップへ戻る

奈良県曽爾村
〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井495-1
電話
0745-94-2101(代表)
FAX
0745-94-2066

曽爾村の人口世帯数
令和6年1月1日現在(外国人住民含む)

       
総人口1,296人 男性596人 女性700人 世帯数647世帯

曽爾村の位置